FC2ブログ

他集団あるいは遠い事象を均質だと思う思考停止

人は、自分が属している社会的な集団は
共通点はあっても個人個人が違いがあって、
均質では無いことを知っています。

他方、自分が属していない他集団に関しては、
なんとな〜く、「あそこの人は◯◯だよね」
と、その集団全体が均質であるかのように
即断しがちです。

それを痛感した事象が、最近ありました。

この春のTOKYO RAINBOW PRIDEの公式ソングに、
m-floの「No Question ~ TOKYO RAINBOW PRIDE REMIX ~」が
選ばれたとのこと。

http://gladxx.jp/video/2019/5765.html

そこで、脳内で「あれれ、変だな」という思いが
むくりと頭をもたげました。

m-floのVERBALさんって、確か以前、
Power for LivingのCMに出てたし、
冊子にも載っていたよね、と。

パワー・フォー・リビング - Wikipedia http://bit.ly/2GoR2Yg

教えて!goo https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2646836.html

るいねっと http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=143719

どれもそれほど確かなソースとはいいがたいけれども、
Power for Livingというのは、アーサー・S・デモス財団によって
おもに福音派原理主義のキリスト教を広めるために
配布されている冊子で、

なんとなく、財団も、冊子に載っている人も、
「みんな」中絶や同性愛に反対し、インテリジェント・デザイン理論を
盲信しているのだとばかり思い込んでいました。

そこには、我が事ながら「他集団を均質に認識する」というメカニズムが
働いていたんですね。

その帰結として、VERBALさんは、所詮ホモフォーブ
(ホモフォビアを内面化した人)だよねと
即断して、遠い場所に置いて、そのままにしていました。

それだから、今回のRAINBOW PRIDEに関わってくださるというのには
びっくりしました。

VERBALさんは、キリスト教にのめり込み、神学校にまで
行った人ですが、現代史上のPower for Livingと、
現在・近未来のRAINBOW PRIDEとの間の時系列と
VERBALさんの関係には、以下のシナリオがありえるでしょう。
(他にもあるかも知れませんが。)

1. Power for Livingに関わっていた時期には、同性愛は
キリスト教的に罪であると思い断罪していたが、
音楽業界その他で、SOGI当事者と接触する経験などを通じて
だんだんとアライになってきた。

2. Power for Livingには、溢れんばかりのプロテスタント・
キリスト教信仰から関わったが、個々の事象としての
同性間の恋愛その他に関しては、当時から自分としては断罪しておらず、
さらには時間を経て、現在に至るまでに、SOGI当事者と
接触する経験などを通して、キリスト教信仰とは矛盾することなく
アライになってきた。

そのどっちかかな?と考えています。
(もちろん、全然当たっていない可能性もありますが。)

VERBALさん、つい最近まで、homophobeだなどと
見くびっててご免なさい。

閑話休題。

ウチの教派のとある集会で、
「パウロは同性愛はいけないと書いているでしょう」
という発言があったとのこと。

それは、西方のある部分の人たちは、
盲信且つ普及することをしていると思いますが、
でも、ウチの教派で、その読み方は無いでしょうと、
僕は思います。

ウチでは、聖書の66巻のウチ、もっとも大事なのは
福音書の4巻です。

「聖書は同性愛を禁じている」と主張する人は、
他教派の場合は知りませんけれども、
ウチの教派では、福音書で全く触れられていないことを
首尾一貫して説明できないといけません。

そーんなに大罪なんだとしたら、
(7つの大罪の1つに同性愛を挙げている総主教もいますが、)
なんで、イエスは何も言わなかったんですか?
わかりやすい説明をお願いします。

また、パウロ(その他)の書いた書簡に関しても、
(また旧約に関しても)
(近現代に成立した同性愛という概念は、
 古代には無いのだから、言及のしようがないという議論は
 置いておいて、)
書かれているとしても、当時の悪徳表
(悪いとその場所、その時点で思われていることのリスト)
をそのまま取り込んでしまったものかも知れないという議論があります。

例えば、現在、日本での悪徳表をリストアップしようと
「罪」を羅列していったら、そこには「大麻の吸引」が
入るでしょう。

他方、西欧、北米の多くの場所では、時代の流れによって、
その「罪」の「羅列」に、最早「大麻の吸引」は
入らないでしょう。

男性が男性に情欲を燃やすことや、男性間で性的接触をすることも、
その悪徳表が書かれた場所と時点によっては、
それに入るだろうし、ちょっとでも場所や時が違えば
入らなかったものなのかも知れません。

ウチの教派的には、「聖書に一箇所でも書かれていたらダメ!」
ということはありえなくて、神の愛、キリストによる贖罪を
包括的に理解した上で、聖霊に満たされ、且つ理性的な
判断が求められると思われます。

(「聖書に一箇所でも書かれていたらダメ!」という人は、
 是非、レビ記等の食に関する律法やその他の律法を
 明日から過不足無く守ることから始めてみてください。
 それが「バカバカしい」という人には、
 「聖書に一箇所でも書かれていたらダメ!」と、
 他人に押し付ける権利はありません。)

と、かなり話がそれてしまいましたが、
言いたいのは、「神の愛を読み解くこと」を蔑ろにして、
「聖書に書いてあるからダメ」と言う人は、

まさに、聖書を、自分にとって身近なものとして
読んでいるというよりは、遠い場所の遠い時代の
遠い書物として、均質性を盲信して読んでいるのでは
ないでしょうか。

それは、まさに、自分が属さない集団の人々の
均質性を即断してしまうのに、ある面で似ていると
思うのです。

もうちょっと身近な書物として、
読むことをしましょうよ!

--

あと、文脈から切り離して、言葉に一人歩きさせることは、
憲法二十四条を「同性婚を斥けるもの」として読む読み方にも
行われていますよね。終戦後数年間という憲法が書かれた
時代の状況を読み解くことをせずに、「この文字面からは
こうしか読めない」と決めつけています。

トークライブ「アイヌ政治の現在」

水平書館で行われた
https://twitter.com/suiheishokan

マーク・ウィンチェスター氏
トークライブ「アイヌ政治の現在」
に行ってきました。

漫画家の小林よしのりを始めとして、
多くの右派のかきまぜ師が

「アイヌ人などと言うのはもういない」
「いるのはアイヌ系日本人だけだ」
「誰でもアイヌになれる」(←構築主義でアイヌになれるのか?)
「アイヌ利権がある」
「在日コリアンがアイヌになりすましている」

などという、事実に基づかない言説を
垂れ流している状況と
歴史的背景と、
その状況を作り出している前提的諸状況

それから、アイヌ関係の法令に関する
歴史的流れに基づいた
報告でした。

ものすごくかいつまんで言うと、

当事者の中に、アイヌと自称することをためらいつつ
小林らに言説を提供しているインフォーマントと
なっている人たちがいて、

当事者が言っているんだから真実だとばかりに
プロパガンダ者と、その取り巻きが誤った言説を
ばらまいていると。

それから、漫画という媒体と、
ここ数十年で広まったSNSや2chなどが
思いの外、強い力を持っているとのことでした。

--

アメリカ合衆国やカナダなどの先住民の状況を知る身としては、
もちろん彼らも超恵まれているわけではないけれど、
少なくとも、単純に存在を否定されることには
なっていないなと、アイヌの飛び抜けたバルネラビリティーが
気になります。

--

今回はトピックじゃなかったので発言を控えましたが、
私が当事者であるLGBTあるいはSOGIにも
似たようなところもあるし、
でも違うところもあるな、と思いました。

当事者として、LGBT差別など無い!という人の典型は、

「自分はゲイとして、生まれてこの方差別されたことは無い」
「日本は他の国とは違って、歴史的な流れからLGBTには寛容であり差別は無い」
「自分はゲイとして負い目があるので、人一倍努力してきたので
 差別されることは無い」

最後の発言には、数日前の上野千鶴子さんの
東大入学式での祝辞を贈りたいです。

「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください」


またアイヌ関連で上に挙げた

「誰でもアイヌになれる」

に似たものは、

「同性婚なんて認めたら、異性愛者が同性婚を悪用する可能性があり、
 そんなことになったらどうするんですか?」

っていうのがありましたね。
そんなの、異性婚だって、悪用はできるんだから、同性婚だけの
問題じゃないんですけど。

LGBTに関していうと、世論は、わりと、杉田水脈などの
差別的言説が出ると、当事者じゃない人からも
反論が数倍になって出る状況なので、
アイヌの状況よりは良いかもしれません。

その一方で、与党の政治家は、
憲法に関する使い古されて論破されている「解釈」を持ち出して
同性婚は違憲であり、法制化はできないと言っているので、

いいばかりではありませんが。

アイヌ問題に関しては、以下の書物(他)が
推薦されていました。

生協で注文して読もうっと。

マーク・ウィンチェスター他編『アイヌ民族否定論に抗する』
Amazon.co.jpによる
詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4309226205/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_nQDSCbAXQNT2N

伊藤俊吾とサナダバンド

昨日、2019.3.29は、月見ル君想フで、
伊藤俊吾とサナダバンドの全国ツアーの初日でした。

沢山聴けて楽しかった!

※以下、セットリストあります!これから地方で参加する人で、
知りたくない人は見ないでね!






1. 〜黒い恋人〜
2. 光の三原色
3. 僕がいなくなっても
4. シュガー
5. 深緑
6. 歩け
7. あたりまえの事だけど

アコースティックコーナー

ヒロヒロヤ(Kb.)さんは、『キーボード・マガジン』の漫画も描いてらっしゃる。
何気に優しい。
ご参加のOTOGIは、4月ライブ6本。そのウチの1つはモナレコードで:
http://www.mona-records.com/live/2019/04/live_042712.php

片山"肩バッド"耕一(Dr.)さんは、ドラムスなのに、音感がいい!伊藤さんが叩いてほしい
ようにドラムを叩いてくれる、とのこと。

伊藤健太(Ba.)さんはKANさんなどをサポート。
後藤秀人(Gt.)さんは、YUKIさん、由紀さおりさんをサポートしていたり。

8. 鏡
9. 心ひとり
10. 僕は自転車で 5人ギター。ヒロヒロヤはギタレレ。

後半
11. 僕はたぶん
12. 神様を信じない日々もジンクスだらけの日々も
(元ネタは'90年代の曲)
13. 日の当たる坂道を
14. ちょうちょ
15. セカンドライフ

ツアーは東京でもう1回。8/30にStar Pine's Cafeで。その時位までにもう1曲
できたらいいなあ、と。

17. 明日を残して
18. サムデイ(??)

アンコール

19. 大事なプレゼント
20. みんなの空
21. ひとりで見上げる空(カラオケver.)

随想

1. Ariana Grandeさんが、歌Seven Ringsを漢字にして、
七輪とタトゥーを入れたら、日本人に笑われて、
タトゥーも消して、それまで勉強していた日本語も
辞めたという話。

そもそも、日本語では、カタカナで音訳するだけで、
漢字では書かないのが通常。

むりやり漢字で書くなら、ringって輪じゃなくて、
環でしょう?と思う。

Arianaも、聞いた相手が悪かったし、
安易に答えたその人も悪かった。
としか言いようがない。


2. トランス女性っていう表現が、当事者と、
世間一般の間で噛み合っていないんだけど、
それは、当事者は、性自認が女性であるMTFは、
トランス女性だし、他の人も当事者を尊重して
そういうべきだと主張しているんだけれど、

世間一般は、「元々男として生まれたんでしょう?
だったら、トランス男性じゃん!」って言っているんですね。
一部マスコミも「そういう基準」のママで
記事を書いたりしている。

両者を公平に、平たく見るのなら、
それは「認識」の問題であり、両者で認識に
隔たりがあるということだけれども、

日本はとかく、「当事者集団の言い分を尊重する」
という点では、いろいろなところで立ち遅れています。
(これは、ある当事者1人の言い分を容れればいいという
 わけでもないので、実は難しい問題ではあります。)


3. マルコ2:1-12

マルコによる福音書(口語訳) - Wikisource http://bit.ly/2HZoWWc

レントの第2週の主日の福音書は、マルコ2:1-12だった。

イエスがカペナウムで、中風の人に「お前の罪は赦された」と言って
病を癒やす記事のところです。

説教者は、当時のユダヤ人の間では、「病には罪のせいでなる」
と信じられていて、病人は、そのような社会的な偏見にも
晒されていた。その社会的偏見と、病気の両方を
イエスは取り去ったのだという風に仰っていました。

我々SOGI人の場合、当事者は、その状態(SOGIであること)
が取り去られたほうがいいとは思っていない人が、
今の日本では大半だと思います。
(治りたいという人も一部いるとは思いますが。)
でも、社会的偏見は、取り去られたらいいなあと
思います。
耶蘇寺の中でも、「これは偏見ではない!聖書に基づいている!」
と主張して、差別してくる人たちが多くいます。
でも、差別すること自体、また自身ではなく、他人に対して
「変われ」ということ自体、おこがましいです。
まずは、自分のことを考えてください。

4. 〜ガ〜ガ述語
ラジオを聞いていて、述語に2つのガ格項が掛かる例を
聞き書きしました。

「高速道路が工事のため渋滞しているところがあります」

規範派には、ニ・ガに直したい人もいるかも知れません。
でも、自然に耳に入ってきて、自然に解釈できる文です。
ハ・ガで無いのは、テーマ・レーマの区分が無く、
全体がレーマで、また、ニよりもガが選ばれたのは、
場所格的な格関係よりも、無標のレーマ標識としての
ガが選ばれたということでしょう。
尾上先生の、B級主語という考え方を援用するならば、
1つ目のガは普通の主語で、2つ目の主語はB級主語でしょう。
あるいは、1つ目のガの述部は、「工事」以降全部で、
2つ目の述部は、「あります」と考えられるかも知れません。

5. (象は)鼻が長い

これもラジオで聞いた文です。

「ネパールとかカンボジアとか、漢字じゃない国からやってきた学生」

これは、「中国や日本は漢字だ」に対する
「ネパールとかカンボジアは漢字じゃない」

なんだろうけど、「象は鼻が長い」という
二重主語文の、2つ目の主語が「言われていない」文だと思ったのです。
(そもそも無いものに「省略」ということは慎重にしなければなりませんが。)
それを補うと、

「ネパールとかカンボジアとか、文字が漢字じゃない国からやってきた学生」

となります。

他方、「漢字じゃない」というコピュラの否定は、
 「漢字を使っていない」の「省略だ」という説もあろうかと思います。
となるとこれは、ウナギ文問題になりますね。


6. Rufus Wainwright

のコンサートに行ってきました。
https://udo.jp/concert/RufusWainwright

この人は、25歳で全世界的にカミングアウトして、
雑誌The Advocateの表紙を飾ったときから知っていて、
それからもう20年になるんですね。Time flies!

その間にMontrealのLe Cabaretでのライブにも行ったし、
NYCでのライブにも行った。

追っかけて行ったわけでなく、たまたま行った先で
ライブのことを知ったんですけどね。

昨日のライブの前半は、first albumからのものが多くて、
殆ど、僕の口からも歌詞が出てくるもの、きそうなもの
ばかりでした。

poperaと称されることもありますが、それは
operaの唱法とは違いますけれど、
でも、彼独特のもので、引き込まれます。
楽しい夜でした。

ことば2題

1. 「豚に改造された狸」

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/23/news021.html

「豚に改造された狸」の「豚に」っていうのは、
与格・向格にしかとれなくて、もう1つの可能性、
受け身の行為者としてはとれないんだけど、

それって、統語論では決まって来ないよね。
意味で決まってくる。というか、後者が
意味的に排除される。

で、思い出すのは、日本語のニ格の守備範囲の広さで、
それを(本人は専門的に認知言語学を研究しているわけ
ではなく、いろんな理論の使えるところをつまみ食いで
引っ張ってくるだけの人が)認知言語学の意味マップを
書いて説明していたことがあったんだけど。

僕は、そういうんじゃなくて、ニ格とデ格は
両方とも広めに「斜格領域」をカバーしていて、
何らかの棲み分けをしているんだとは思うけど。
でも、意味マップは使いたくない。

意味マップは、ある用法から「隣の用法」へと
拡がっていったということに適したモデルだと
思うけど、ニ格などは、もともとの汎用斜格なのでは
ないかと思うのです。

と、ものすごくオールマイティーな汎用斜格のaminaを
持つマダガスカル語を見ていて思うのです。

終わり。

--

2. ツイッター界隈で、「ホームレス」は人ではなくて、
状態なので、人は、「ホームレスの人」「ホームレスの方」
って言うべきだ!と断じている人がいたんだけど。

日本語のその辺りを見てみると、状態あるいは行為を表わす名詞と
その状態にある人(状態者)あるいは行為者が、別々の名詞で
表されている場合もあるけれど、どちらも同じ名付けがされて
いる場合がある。

これは、メトニミー(換喩、隣接している意味領域の意味に、ある単語の
意味が拡張すること)に依る。

例えば、元来痴漢は行為者である。他方、犯罪は、行為である。
でも、「痴漢は犯罪」という標語は巷に溢れている。

行為者名詞と行為名詞を厳密に区別するのが日本語の常だとしたら、
「痴漢は犯罪者」あるいは、「痴漢行為は犯罪」としないと
「正しくない」ことになりかねない。

でも、我々が普段「痴漢は犯罪」という5文字を見たときに
違和感を覚えないのは、行為者名詞から行為名詞への、
また、行為名詞から行為者名詞へのメトニミーが
わりと我々日本語話者の中には刷り込まれて、
自然に共有されているということではあるまいか。

で、元に戻るが、「ホームレス」は状態であるが、
メトニミーの原理によって、その状態にある人のことを
表わすことも可能になっている。

じゃあ、特にホームレス関係の援助ボランティアなどを
している人たちが、「人」を「ホームレス」と呼びたがらないか。
それは、丁寧さの問題である。

状態名詞の「ホームレス」で、その状態にある人を
メトニミーで「ホームレス」と呼んでしまうのは、
その辺りの事柄をぞんざいに考えている間接的証拠にも
なってしまう。

だから、そういう場面では「ホームレスの人」「ホームレスの方」
と丁寧に言った方がそぐう。ということではなかろうか。