FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中朝韓どこ起源

確かツイッターで短い動画が流れてきて、

韓国人が、米国のどこかで、
たい焼きの餡にピザっぽいものを入れて
ピザたい焼きとして売っているという
ものだった。

で、その起業家曰く、
「たい焼きはもともとは韓国起源で...」

まあ、ここでウヨはウリジナル祭に
なるんだろうけど。

この辺り、日本、中国、朝鮮半島の
いろんなものが、「究極的にどこ起源か?」
っていうのは、実は難しい問題だよね。

ほんっとに、本当の歴史を辿らないといけない。

それはそれ。

ウィキ等しか見ていないのが我ながら痛いが、
たい焼きの起源は今川焼き(大判焼き)ってことに
なっているらしい。

韓国にもオバンットク(오방떡)ってものがあって、
韓国のナムウィキも、これは日本の大判焼きから
来ていると書いている。

と、ここまで見ると、その起業家の、
「たい焼きは韓国起源」っていうのは嘘に見える。

でもそもそも、「粉物」は、日本だと関西が盛んだったり、
韓国にも様々なプンシク(粉食)があったり、
それこそ中国にも様々な麺(細長いものだけではない)や
点心などがある。

となると、「起源」を探すのは、実は、
ネットをサーフするだけじゃなくて、
ちゃんと史料に歴史学的にあたらなければ、
わからないのかもしれない。

それも、少なくとも日本語の史料、
漢文の史料、朝鮮語の史料などに
ちゃんと当たらないとわからないのかもしれない。

ということで、これは今のところ
答え無し、としておきたい。

Trans women beaten and stripped in Indonesia.

Two Trans Women ‘Beaten And Stripped By Gang Of Men’ In Indonesia
(インドネシアで2人のトランス女性が、暴徒に暴力を振るわれ服を脱がされた)

https://www.qnews.com.au/two-trans-women-beaten-and-stripped-by-gang-of-men-in-indonesia/

This is what happens when people think some other people are less than human beings or they are not human beings who do not deserve to live.

これが、人がある人々が人間以下である、あるいは、人間ではないので、生きるに値しないと考えたときに起こることである。

This can happen in any parts of the world where LGBT human rights are NOT generally recognized.

これは、LGBTの人権が一般に認知されていないところならどこでも起こりえる話である。

This is what happened to the Jews and other groups of people including gay men during the Nazi Holocaust.

これは、ナチスがホロコーストにおいて、ユダヤ人と、ゲイ男性を含むその他のグループの人々に行ったことである。

LGBT are still vulnerable to such aggression.

LGBTは、未だにそのような暴力を受けやすい。

Minority ethnic groups are vulnerable to such aggression in many areas on the Earth.

少数民族は、地球上各地で、そのような暴力を受けやすい。

Refugees are treated that way.

難民はそのように扱われている。

All the people are human beings.

すべての人々は人間である。

No body is less than human beings.

だれも、人間以下の人々などいない。

All the people deserve peaceful and dignified lives.

すべての人々が平和で尊厳のある生活を送る権利がある。

But some people think otherwise.

でも、中にはそう思わない人々もいる。

Those people who think otherwise want to put themselves above the subjugated people.

そう思わない人々は、自分らを、虐げられた人々の上に置こうとする。

But they are wrong.

しかし、彼らは間違っている。

伊藤俊吾ライブ

11/21水曜日は、伊藤俊吾ライブ at まほろ座。

https://www.itoshungo.com

舞台の上に、イトシュンの四畳半スタジオを
再現しての、録音もしたりしながらの
ライブでした。

面白かった!

過去の音とか画像も出てきたりして。

ってか、イトシュンさん、
かなり音オタクな作業してましたよね。

それを観る我々もオタク。

オタクを観るオタク。
つまり、メタオタクだったのかなあ、
みたいな。

こんなライブ、まほろ座で、イトシュンさんじゃ
なければできません。

サー高校ライブのサラバの音源は貴重だった!
そんなに古くからあった歌なんだ!みたいな。

二人のアカボシができる過程の音源を流したら
佐々木良氏が、「疾走感、無っ!」と。

言語学徒としては、その「無っ!」が
気になりました。

ダブルトラックっていう録音方法も
面白かったし。

LOGICも面白かったし。

ハンバーグは、生まれて初めて作った
オリジナル曲だったんですね。

「私作る人!」「僕食べる人!」的な
対比はあったのだけれど、
そういえば、そういうシチュエーションって
あんまりもう歌わないですよね。

(平日は、もうライブでは歌われないのかな、とか。)

ハンバーグを、1つ1つの楽器をイトシュンさんが
重ねながら全体を創っていく過程は、
とっても楽しかったです。

フラットコーテッドレトリバーと、
ゴールデンレトリバーの2匹を
飼ってらっしゃるのね、みたいな。

ってかね、1人もんになったら、
作風がらっと変わったよね。

だから、セカンドライフか。

歌に生活感が出るって言ってた。

小説で言ったら私小説だよね。

まあ、クリエイティブな仕事をしている人たちは、
程度の差こそあれ、みなさんそういうところはあるか。

次のライブは、クリスマス・イブの大阪だそうな。
僕は僕で歌わないと行けないので、伺えません。

来年は、バンド編成で、「イトシュンの歌」を
やってツアーをなさりたい、と。

楽しみにしています。

悪い芝居 - メロメロたち

悪い芝居 - メロメロたち

http://waruishibai.jp

観てきましたよ。

いつもは裏方で音を創っている
岡田太郎さんが出るっていうんですもん。

っていうか、演劇と、ライブを両方とも
追いかけまくっている僕ですが、

この作品は、演劇だけでなく、ライブ感も
かなり味わえる作品でした。

ってか、バンドマンがみんなサイコパセティック!<笑>

人をあやめたことも、
赦す、赦さないとかいう次元ではなくて、
サイコパスだもん!で一件落着。

ってか、大阪弁なセリフもあって、
音声がほしかったので、
DVDも予約しちゃいました。

前回、「ラスト・ナイト〜」では、
ふつーな劇団ふつーな劇団してたなあと
思うのですが、

こんなに楽器をいれて、
でもそれだけじゃないっていう
舞台もするねんな!とか思って。

あ、ところで、ドラムスは、
じゃんけんに負けた人がやる!
的な常識的な見解も出てきてましたけど。

でも、バンドで、Dr.はかっこいい人
いるじゃないですか!

和楽器バンドの山葵さんとか、
Dr. SHiN KUMAさんとか。

決してドラムスって、
陰に隠れてないですよ。

バンド観たら、まずドラムス見ますもん。
ボーカル、ギターはかっこよくて当たり前。

ドラムスまでかっこよかったら、
めっちゃかっこいいじゃん!

ミッキー吉野ばっかりちゃうねんて。

って、後半ドラムス論。

Life Is Lovely!

Holodomor Memorial

今日は、Interfaith Holodomor Memorial Serviceに行ってきた。

Today I went to Interfaith Holodomor Memorial Service.

例年にも増してInterfaith感が増していました。

The interfaith feeling has increased when compared with
the previous years.

ユダヤ教のラビも来ていた。

There was a Jewish rabbi.

コプト正教会の司祭も来ていた。

There was a Coptic Orthodox priest.

それだけでなく、ウクライナ正教会の司祭さんの話も
去年までとは変わっていた。

Moreover, the message by the Ukrainian
Orthodox priest was a bit different this year.

去年までは、「ウクライナはソ連時代から
ロシアに痛めつけられてきた」っていう
話が基調だったんだけど、

Until last year, the message was focused on
the fact that "Ukraine has been oppressed
by Russia since the Soviet era."

今年は、「あの集団は人間じゃない、
だから殺していい」という考えが
世界のあちこちに蔓延しているという
話でまとめていた。

This year, he summed up his message as:
"There are many people in the world who think
some group of people are 'less than
human beings' and it is okay to kill them."

先月末にはフィラデルフィアで、
「ユダヤ人にはみんな死んでほしい」
と考える人間による銃乱射事件で
11人のユダヤ人が犠牲になった。

At the end of last month, a man
randomly fired his gun at Jewish
people in a synagogue and 11
Jews perished. The man believed
that Jewish people should be killed.

ナチスによるホロコーストでは、
ユダヤ人を始めとして、
様々な集団が犠牲になった。

Nazi Holocaust killed many different
groups of people starting of course
with the Jews.

ホロドモールでは、モスコーによって
ウクライナ人から食料が収奪され、
数百万人のウクライナ人が犠牲になった。

As for the Holodomor, Moscow
robbed Ukrainians of their food,
which resulted in the starved death
of millions of Ukrainians.

LGBTは「行いを改めないのなら
人間未満」という主張も繰り返しなされ、
ナチスのホロコーストでも犠牲にもなっている。

People states that LGBTs are less than human
beings if they do not change their deeds.
Gay men perished in the Nazi Holocaust too.

どんな宗教を信じているのであれ、
宗教を持たないのであれ、
どんな少数者集団であれ、

Whatever religion you believe in,
even if you do not have a religion,
or even if you belong to any minority group,

「人間ではないから殺していい」と
主張することは赦されないし、
どんな人も「ありのままの自分でいられる」
ようにしなければならないというのが
司祭さんのメッセージでした。

It is not right to think it is okay to kill them
because they are not human beings.
People should be able to be themselves
whatever that means.
That was the priest's message this year.

--

式が終わったあとに、
司祭さんに、
「私は、教会ではクローゼテッドな
ゲイなんですよ」と言ったら、
「知らなかった!」と。

After the service, I told the priest,
"I am a closeted gay at my church."
He said that he did not know.

そりゃ、見てわからないことの方が
多いですからね。

It is sometimes difficult to tell which
social group(s) somebody belongs to
simply by looking at her/him.

もしかしたら、正教徒の性的少数者には、
それほどお会いになったことも
ないのかも知れない。

Perhaps he may not have encountered
many Orthodox SOGI people.

それでも、理解に到達しえるのは、
ご自身も「痛みを感じる集団に属して」
いらっしゃるからであろう。

Even without seeing Orthodox SOGI people,
he came to the understanding probably because
he himself belongs to an oppressed social group.

ウチのパリッシュの神品が
同様な理解に到達するのは、
いつのことなのか。

When will our clergymen come to the understanding?

モスコーにいる私のnamesakeのことを
考えると、暗澹たる気持ちになりますが。

I feel very hopeless when I think about
my namesake in Moscow.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。